ネットいじめ目安箱

情報モラル指導カリキュラムの作成手順


 ① 情報モラル教育の現状と課題を整理する。
     各学校における情報モラルの現状と課題を整理し、全教職員で共通認識を図る。

 ② 現状と課題を踏まえて情報モラル教育の目標を設定する。

 ③ 各学年、各分類ごとに重点目標を設定する。(中学校高等学校
     文部科学省が推進する情報モラル指導サポート事業によって作成された「情報モラル指導実践キックオフガイド」の
    中に、情報モラルに関する「モデルカリキュラム」が示され、「情報社会の倫理」「法の理解と遵守」「安全への
    知恵」
「情報セキュリティ」「公共的なネットワーク社会の構築」の5つの分類とともに、発達の段階に応じた
    指導内容が例示されました。

    【各分類における大目標

    「情報社会の倫理」
     ・情報社会の参画において、責任ある態度で臨み、義務を果たす。
     ・情報に関する自分や他者の権利を理解し、遵守する。
    「法の理解と遵守」
     ・社会は互いにルール・法律を守ることによって成り立っていることを知る。
     ・情報に関する法律の内容を理解し、遵守する。
    「安全への知恵」
     ・危険を予測し被害を予防するとともに、安全に活用する。
     ・情報を正しく安全に活用するための知識や技術を身に付ける。
     ・自他の安全や健康を害するような行動を抑制できる。
    「情報セキュリティ」
     ・情報セキュリティに関する基礎的・基本的な知識を身に付ける。
     ・情報セキュリティの確保のために、対策・対応がとれる。
    「公共的なネットワーク社会の構築
     ・情報社会の一員として、公共的な意識を持ち、適切な判断や行動ができる。

 ④ 学校の課題に応じて学習項目と教科等を設定する。(中学校高等学校

   (例) 電子掲示板への匿名での悪口や誹謗中傷の書き込みをしない。(道徳)
       確かな情報の利用に向けて(国語)
       迷惑メールの対応(朝の会・帰りの会・SHR)

       
 ⑤ ③④を踏まえ情報モラル指導カリキュラムを作成する。(中学校高等学校

ページの先頭へ